秋の花粉症

鼻がムズムズするようになり目のかゆみを感じるようになると花粉症の季節がやってきたと感じる人も少なくないと思いますが、春先に起こる症状というのが一般的なイメージではあるものの、春以外にも花粉は多く飛散しており症状を発症するケースがあります。
春以外で特に多いのが秋の時期ですが、この時期は風邪が頻発しやすい時期なので風邪だと勘違いしたまま季節を乗り越える人も少なくありません。
しかし、毎年同じような症状が見られる場合は花粉症である可能性が高いので花粉症対策をして備える必要が出てきますが、秋に飛散している花粉の種類としてはブタクサやヨモギ、カナムグラなどになっています。
春に飛散している花粉と種類が異なっているので春先は何ともないのに秋口になると花粉症の症状が見られるという人も少なくありませんが、早めに花粉症対策をすることによって症状を軽減することは可能になります。
花粉症対策の方法にはいろいろあり、マスクだけでなく専用の眼鏡や薬なども販売されているので使用して早めに備えるようにしましょう。
ちなみに花粉症は花粉が目や鼻に入ることによって症状が起こるというイメージがありますが、肌に直接的に付着することによって肌荒れするケースも少なくありません。
見た感じは花粉症による症状ではないように思えても花粉が原因で症状が起こっているケースがあるので注意する必要があり、しっかりと花粉症の対策をして備えることも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です